社員教育制度の内容を充実させる必要性

社員教育制度を充実させることが必要という認識は多くの経営者が持っているものですが、どのような観点で必要なのでしょうか。

具体的に導入を検討した方が良い制度は何かという観点からもよく考えてみましょう。

企業を存続させる上で欠かせないものなので、事業内容との兼ね合いも考えながら社員教育制度を整えるのが肝心です。

目次

1.戦力向上に欠かせない社員教育

戦力向上に欠かせない社員教育
社員教育制度が重要というときによく注目されるのが社内の人材を育てることです。

企業として行っている事業に関してもっと大きな戦力となるように成長を促す機会として与えるのが社員教育だという捉え方になります。

このための社員教育制度として最も典型的なのが新人教育です

まだ業務に従事したことのない人材を、できる限り速やかに独力で業務を遂行できるようにするのが目的になります。一斉研修を行って基礎的な教育を行う場合もありますが、最初からOJTで現場教育を行うこともあるでしょう。

実務をしながら学べる程度の業務内容であればOJTで行った方が効率的です。しかし、ある程度の業務知識がなければ実務を行うのが難しい場合ではまずは座学で学ぶ方が効果的でしょう。

どちらの制度で運用するかは業務内容に大きく依存するので現場での事情を理解した上で制度を整えるのが大切です。

一方、既存の社員に対しても社員教育を行う制度を整えるのも重要な点です。

定期的に社員研修を実施して能力の向上を図るというのはよく行われている教育内容ですが、社外研修を受けるのを支援するという形で対応している場合もあります。

自己啓発支援制度という形で導入して、資格学校に通ったり、通信教育のテキストを購入したりするのを資金的に支援する方法も典型例です。

このような形で社員が主体的に学べる環境を整えることで、個々の社員が必要としている能力を磨けるようにできます。

社員教育制度を整えれば新人として入ってきた時点から退職に至るまで継続的な成長を促すことが可能です。これが社員教育制度を整える必要性が高いと考えられる最も大きな理由として考えられています。

2.採用時点で大きな影響がある社員教育制度

採用時点で大きな影響がある社員教育制度
社員教育制度は人材を採用する時点で大きな影響があるということも押さえておく必要があります。

就職して働きたいと考えている人は将来計画を立てている場合も多く、会社に入ってからどのような教育を受けられて、それによってどんなキャリアパスを描けるのかをよく吟味していることも増えてきました。

そのような努力して成長しようと考えている有望な人材を獲得するためには、そのニーズに合っている社員教育制度を整えておかなければなりません。

企業全体としての魅力が同程度であれば社員教育制度の違いで他の企業を選ばれてしまう可能性もあるからです。

業界あるいは職種での典型的なキャリアパスを提示し、そのために各ステップで充実した教育を受けられる制度が整えられていることを示すのが人材採用で重要になるのです。

優秀な人材を獲得できるかどうかは企業の存続に大きな影響を与えます。そのためにもどのような制度に魅力があるのかを把握して、アピール力のある制度を導入して運用しましょう。

3.どのような制度に魅力があるのか

どのような制度に魅力があるのか
社員教育制度としてまず求められているのは新人が速やかに自分の判断で業務に従事できるようになることです。

ポテンシャル採用をするときには最も重要になる点ですが、長期的な成長を考えるとさらに重要なのが社員が自分の立場や考え方に合った教育を受けられることでしょう。

階層別研修や職種別研修を取り入れるのは効果的で、自分の専門性と能力に従った教育を受けられる魅力があります。

また、テーマ別研修は社員が自分を成長させたい方向に教育を受けられるという点で優れている方法です。人によって現場で働き続けたいか、出世してマネジメントを担いたいかには違いがあります。

それに合わせて社員一人一人が納得できる教育を受けられるのがテーマ別研修の魅力です。

自己啓発支援制度も同様のもので、もっと主体的に学べる機会を尊重して欲しいという人から注目されるでしょう。職種によっては自己啓発が難しい場合もあるので、主体性のある社員が欲しいときに安易に自己啓発支援制度を導入すれば良いというわけではありません。

世の中にどのような学習の機会が整えられているかを確認し、社員教育制度として導入する価値があるかどうかは確認する必要があります。

4.まとめ

社員教育制度は新人教育に始まり、企業の方針に沿った形で社員の成長を促すのに必要です。

その充実度によって採用時点で優秀な人材を獲得できるかどうかにも影響があるので、ニーズに合っている制度を整えましょう。

業界や職種、階層などによってニーズも異なります。自己啓発支援制度も主体性のある人を確保しやすい点で有用ですが、十分に魅力がある制度かどうかは事前調査をして判断することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です